読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せいなの森

バブルを経て、シンプルライフを目指す主婦のつぶやき

今も昔もPTAは悩みの種

こんにちは、せいなです。
毎年、GW前の今頃はPTAの役員決めで気が重い時期ですよね。
息子が大学生になった今ではそういったものから解放されてヤレヤレですが、今まさに子育て真っ只中の方々は本当に憂鬱だろうとお察しします。
私もPTAの役員(クラス委員を含む)を何回かやったことがあります。
誰もなり手がなくて仕方なく手を上げた時もあれば、抽選で強制的にということもありました。

 

まず大前提として、PTA加入は任意であり決して強制ではないんですが、このことを知っている人ってどのくらいの割合でいるんでしょう?
最近はネットでもよく話題になっているので知っている人も増えたと思いますが、昔はほとんど知らなかったんじゃないかなぁ。
でもまぁ、任意と知っていても「うちは加入しない!」と言える勇気はなかなかないと思います。(私もその一人でした。)
言葉は悪いですが子供を人質に取られているようなもんで、変に反発して子供に不利益なことがあれば・・と親はやっぱり考えてしまいますよね。
で、けっきょくは月に数百円の会費を払って、年に一度の役員決めさえ上手くやりすごせば・・と、事なかれ主義になるわけです。

 

その役員決めですが、今はどうなっているんでしょうか?
公平に抽選でしょうか?
昔は色々ありました。
皆ができない理由(下に小さな子供がいるとか、仕事があるとか、親の介護をしているとか・・)を並べ立てたり、抽選だったり・・ですね。
その中にどうしてもおかしいだろうというものがありました。

 

名字は変えられない

 


クラス委員決めの時、クラス名簿が配られて推薦したい人の名前の横に二名分チェックを入れるというものです。
あのですね、まだ4月で新しいクラスが決まってほとんど経っていないのに、誰を推薦するとか分かるわけないじゃないですか。
名前だけ見ても顔も分からなければ、ましてやどんな人かなんて分かるわけないんですよ、
それでどうやって推薦しろと?
この学校バカじゃないかと思いました。(申し訳ないけど本気でそう思いました。)
そういうことなので誰もキチンとした推薦なんてできるわけがありません。
じゃあどうなるか?
適当にチェック入れるしかないんですよね。
もしくは嫌いな人がいたらあえて推薦するか。(ハッキリ言ってこれはイジメと変わりません。)

 

後で聞いた話ですが、このやり方をするとかなりの確率で名簿の最初の方と最後の方の人に推薦が集中するらしいです。
知らない人ばかりで適当にチェックするしかないので、何となく最初と最後にしとこうか・・とか、ちょっとした人間心理ですね。
その人にとってはちょっとしたことでも、それが何人も同じことを考えると結果としてハッキリ現れます。

 

可哀そうなのは名簿の最初と最後の人です。

クラス名簿というのはたいてい五十音順ですよね。
名字は変えられないので、五十音順で例えばア行の人とか逆にワ行の人とかは毎年名簿の最初と最後の方にくるわけです。
そうするとどうなると思いますか?
そう、同じ人が毎年推薦されてしまうということが起こり得るわけです。
投票する方はちょっとした思い付きでも、当事者にとってはとんでもない話です。
こんなバカげた役員決めが本当にあったんですよ。
(さすがにマズいと思ったのか、もしくは文句が出たのか、この方法はのちに廃止になりました。本当に良かったです。)

 

できないなら引き受けないで

 

 

紆余曲折あって役員が決まってからも問題は山積みですね。
一番困ったのは役員に決まっても、一度も委員会や行事に来なかった人がいたこと。(幽霊役員ですね。)
実際私が参加していた委員会でそういう人がいたので大変でした。
だって一人分手が足りないわけで、その分は他の人で分担して作業をこなさないといけないわけです。
参加する気がないなら、強引にでも最初に役員を断ってよ~と思いました。
他の委員に迷惑になるから、これだけはやめて欲しいです。
引き受けたからには最低限の仕事はしてねって話です。

 

仕事を持つママと専業主婦の対立もありますよね。
これね、どっちの言い分もわかるわけですよ。
仕事を持ってる人がPTAに参加するのは時間的に大変だと思うし、でも専業主婦だからという理由で毎年当たり前のように押し付けられても腹が立つ。
どっちも間違ってないです。


でもこれはお互いの立場を思いやることで、少しは解決できないかなぁと思うこともあります。
仕事してるんだからできない、専業主婦は暇なんだからそれぐらいやれば?・・という態度だと言われた方は腹が立ちますね。
逆に専業主婦の立場にしても、子どもを預けているのは同じなんだから、毎年当たり前のようにやらされるのは不公平だという論理が成り立ちます。

そこのところを・・仕事あるのでなかなか時間の都合がつかないけど、休日の行事とか参加できるものは一生懸命頑張りますね・・とか、平日は時間の余裕のある人がフォローするので休日はお願いしますね・・とか、そういう言い方にすれば随分受け取り方も違いますよね。


これこそお互いさまの精神だと思うのですが、どうでしょうか?
綺麗ごとなのかな?
綺麗ごとが当たり前のように受け入れられる世の中って理想だと思うんですが、難しいのでしょうか?

 

  ↓ クリックして応援していただけると励みになります!


にほんブログ村

 
日記・雑談 ブログランキングへ